Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://filipina77.blog.fc2.com/tb.php/2271-2cdeccd6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

フィリピン旅行記その12(2010年9月25日)~バタアン死の行進~

朝食もそこそこに建設中バハイのチェック。

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピンフィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピン

窓の飾りをコンクリートで作成していた。
そのままトライシクルに乗り、バランガへ。

昨日のショッピングモール。
「オハヨウゴザイマス。」
昨日のボギーな店員が笑顔で声を掛けてくる。
今日も、何か買うのか?この日本人のスポンサー・・・・って感じか(/ω\)

エアコンを選択。

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆

店員の説明を聞きながら、どっかわかんないメーカーのものを進められる。
「日本製のは無いの?」
と聞いてみると、Sharp、ToshibaとHitachiのエアコンがあった。
「アサワコ、どっち強いの?」
「そうだな~。
  デザインはSだけど、ぶっ壊れにくいのはHかな・・・。」
どうせ、生産地はフィリピンだろうが比較的ぶっ壊れにくいHitachi製を選択。

昨日買ったガスレンジのサイズをチェック。
まだ、バハイは建設中でカギも大したものはかかってない状態なので、買った製品は当分お店の倉庫に保管だ。

その後、大工さんたちの食事をパン屋さんで買う。

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピン

結構綺麗なベーカリーだ。
「アサワコ、アコいっつもココでパン買ってるよ。
  大工さんたちに、あんまり高いもの買ってあげてないから、今日はちょっと美味しいもの買う。
   シャたちも毎日仕事しててかわいそうだからネ。」

リキとリアの厳しいチェックに疲れてる大工さん達に、たまには美味しい食べ物の差し入れ。
外は相変わらず切れることなくトライシクルが行き交う。
歩いている人たちよりも、トライシクルのほうが多い街だ。

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-トライシクル

いつも何処に行っても、客待ち顔のドライバーがヒマそうにたむろしている。


一度家に帰り、買い物のチェック。

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピン

買ったものを細かく記録し、レシートをチェックしていくリア。
「アサワコ、オカネかかるな~~。
  イカウ、大丈夫?」
「あ?
  大丈夫じゃないけど、もう作り始めたからしょうがないじゃない。
   早く完成させないとね。
    毎週、給料払うのも、お金かかるし・・。」
「おお、アコ頑張るから。」


「アサワコ、玄関の外側のデザインあるんだけど、リキが言うのがすんごく古いフィリピンのスタイルだよ。
  アコ、ちょっとそれはイヤだな。
   最近フィリピンで流行ってるのがコレなんだけど・・・・」

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピンの家

「これと、あとはレンガを薄く積み上げた感じの壁つける。
  リキはヤダみたい。
   でも、他の大工さんたちに聞いたら、こっちのほうがマガンダ(素敵)だって。
    ちょっと、リキ連れて行くから、イカウも一緒にナ。」

リキの運転するトライシクルに乗り、郊外の外装周りを売っているお店へ行く。
ずっとどこまでも続く田園風景。
ほんとに、ここはフィリピンの田舎町だ。

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピンフィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピン


お店で現物をチェックし、リキを納得させるリア。
流石に自分の理想の家の実現には一歩も引かないリア。
厳しい口論の後、リキを納得させてしまった。
「しょうがない、イカウのバハイだ。
  アコは古いタイプのほがいいんだけどな。」
「何言ってるの!
  オカネ出すのはcmだよ! シャの言うとおりにしてよ!
   ねえ、アサワコ。イカウはどっちがいいの?」
「え?
  あ、ああ・・・・・。
  リアがいいんだったらこれでいいんじゃないの?

   しょうがないよ、リキ。」

勝ち誇ったリアと半ば諦め顔のリキの対称が可笑しくて、思わず笑ってしまった。

フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピン

帰り道、道端にある小さな記念碑が目に付く。サマット山までこの記念碑が定間隔で延々と続いている。
第二次世界大戦時、大量のアメリカ軍とフィリピン軍の捕虜を延々と徒歩で、サマット山まで行軍させた。

いわゆるバターン死の行進 (詳しい話がWikipediaに載ってました)

バターン死の行進
( - しのこうしん、Martsa ng Kamatayan sa Bataan)は、第二次大戦中の日本軍によるフィリピン進攻作戦において、バターン半島で日本軍に投降したアメリカ軍・フィリピン軍捕虜民間人が、収容所に移動するときに多数死亡したことを言う。

第二次世界大戦。
フィリピンと日本は激しい戦争を繰り返していたんですよね。
日本兵は、フィリピンで大量の市民を虐殺した。
戦争とはいえ、恨まれてもしょうがない事件の数々。
でも、アジアの某国達とは違い、フィリピン人は日本人を受け入れてくれる。
「過去は過去、今こうしてリアや私達のことをヘルプしてくれる。
  イカウは日本人だけど、優しい。何も問題ないよ。」
ナナイは話してくれました。

リアが住んでるパニラオは近くにサマット山が見える。
車で30分ほどで、山の頂上、記念穂のある場所にいけるところに住んでいるんです。

過去、私も何度と無くこの記念碑を訪れています(2006年9月15日、マウントサマットその2)が、そのたんびに 
     
     絶対に忘れてはならない戦争の記憶だ 

と心に刻んでいる。
そして、同じ日本人として私を受け入れてくれるリアの家族に心から感謝している。


フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピン


フィリピーナと長距離恋愛指南書☆ばはらなあんでおす☆-フィリピン

バハイへ帰り小休止していると、コンコンとノック。
ダスティンが嬉しそうに部屋に入ってくる。
「アサワコ、シャの靴見て。
  コノ前、おばさんに買って貰ったんだよ。」
どうやら、新しい靴を自慢して見せびらかしに来たようだ。
「ダスティン、マガンダだね~~。」
そう言う私とリアの目の前で、スカートの裾をつかみながらくるりと廻ってみせた。



<関連記事>今回の旅行記の目次です
フィリピン旅行記その1(2010年9月22日)~プロローグ~
フィリピン旅行記その2(2010年9月23日)~貫禄ついてない?~
フィリピン旅行記その3(2010年9月23日)~パンパンガのホームセンター~
フィリピン旅行記その4(2010年9月23日)~マダム、お支払いを~

フィリピン旅行記その5(2010年9月23日)~久しぶりの~

フィリピン旅行記その6(2010年9月24日)~朝の憂うつ~
フィリピン旅行記その7(2010年9月24日)~バハイ建築現場~
フィリピン旅行記その8(2010年9月24日)~バランガでの買い物~
フィリピン旅行記その9(2010年9月24日)~日が暮れて~
フィリピン旅行記その10(2010年9月24日)~アサワコ、シャワーしよ~
フィリピン旅行記その11(2010年9月25日)~買い物は続く~



 ■□ どこまでタダでフィリピーナをGETできるか挑戦!! □■

やっぱりフィリピーナ・リアは最高と思っていただいた貴方、おかえり前にぽちっとひとつ。
人気ブログランキングへ    フィリピン系ホームページランキングサイト!!
                  リアとcmの応援よろしく~

スポンサーサイト
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
http://filipina77.blog.fc2.com/tb.php/2271-2cdeccd6

トラックバック

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

Appendix

プロフィール

cm_val77

Author:cm_val77
【プロフィール】
「ばはらなあんでおす(どうにかなるさ、神様の思し召すままに)」が座右の銘。
とうとう半世紀生きちゃいました^^;
さあて、あと残りの人生、フィリピーナと一緒に目一杯生きるぞ~!!

○フィリピーナとインラブになりたい貴方。
○フィリピンパブが始めての貴方。
○フィリピーナの考え方を知りたい貴方。
○最愛のフィリピーナの住むフィリピンに行ってみたい貴方。
○最愛のフィリピーナのためにフィリピンに家を建てたい貴方。
○最愛のフィリピーナを日本に呼びたい(招聘したい)貴方。
○そして、最愛のフィリピーナとの長距離恋愛の中で悩みを抱えてる貴方。

みんなまとめて応援いたします!!!
頑張って貴方の素敵な最愛のフィリピーナと共に歩む人生を築いていきましょう。

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。